根管治療(歯内療法)Root Canal Treatment

マイクロスコープを使った
精密根管治療を保険でご提供します

根管治療とは

根管治療とは歯の根(根管)の中の細菌に感染した部分を除去し、根管内を十分に殺菌・洗浄したのち、再び細菌感染を起こさないように防腐剤を充填して根管を封鎖する治療のことを言います。

根管は人それぞれ形態や本数が異なり、根の先が分岐していたりと非常に複雑で入り組んだ形をしているため、歯科治療の中でも 根管治療は精密さが求められる治療の一つです。

多くの時間と工程を要する根管治療は何回かに分けて治療を行う必要がありますが、抜歯という選択肢を避け、歯を残すことが可能です。

根管治療が必要となるケース

通常の虫歯治療の場合は、う蝕部分を削ったあとに金属やレジンなどの詰め物・被せ物をして終了です。しかし、う蝕が歯の神経(歯髄)にまで達していた場合や、歯の根が病気になってしまった場合は、神経が細菌に感染してしまっているため根管治療によって汚染された神経を取らなければなりません。

歯髄は神経や血管を介して歯に栄養を届ける役目を担っており、歯髄を失うと歯が弱って寿命が短くなるリスクを高めてしまいます。これが虫歯の早期発見・早期治療が大切だと言われている理由の一つです。

中には難治性と呼ばれる根管治療のみでは治せないケースも存在します。具体的には、石灰化などが原因で根管が閉塞しているケースや、根管に破折船があったり穴が開いているケースがあります。肉眼で治療を続けることが難しいと判断した場合は、歯根端切除術という手術ややむを得ず抜歯を選択することもございます。

マイクロスコープを使った根管治療

当院では、根管治療にマイクロスコープという手術用の顕微鏡を使用しています。根管の状態を肉眼ではっきりと確認できるレベルにまで拡大し、難易度の高い処置においても熟練の歯科医師の手で精度の高い治療を実現することができます。

他院ではこうした精密治療を自費診療で行っていることが多いですが、 当院ではマイクロスコープを使った根管治療を保険診療で受けることができるのが特徴です。

患者様へのお願い

当院では一回の治療に対して十分な時間を確保しておりますので、1日に対応できる患者様の人数は限られています。特にマイクロスコープを用いた根管治療においては1時間のアポイント制を実施しているため、極力キャンセルは行わないようにお願いいたします。

万が一当日お越し頂くことが難しくなった場合は、お早めにご連絡をいただけますと他の患者様をご案内することができますので、何卒ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。また、遅刻された場合はそれだけ治療時間が短くなり、通院回数が増えてしまいますので、予約時間に余裕を持ってご来院ください。

根管治療はただでさえ通院回数が必要な治療です。途中で治療を止めてしまうと症状が悪化し、最悪の場合は抜歯をしなければならないケースもあります。ご自身の歯をなるべく長く残すためにも、是非 最後まで治療を受けていただきたいと考えています。

診療システム(治療の流れ)


根管の拡大・清掃

マイクロスコープで根管内を拡大し、感染部位を鮮明に映し出します。清掃にはリーマーという専用の器具を使い、感染部位の取り残しがないように根の先まで根管内をくまなく清掃します。

根管内の洗浄・消毒

シリンジで根管を洗浄し、感染部位が大きい場合には超音波洗浄器を併用して徹底した洗浄を行います。STEP.01と02を数回繰り返し、細菌のいない状態にします。

根管充填

根管内を防腐剤で充填して完了です。隙間から細菌が根管内に侵入し、再び感染しないように、密閉性の高い薬剤を使用する必要があります。

治療後の注意点

  • 歯の内部の構造は複雑なため、治療は複数回に分けて実施します。途中で治療を中断しないよう、頑張って通院していただくことが大切です。
  • 治療後に一時的に痛みや腫れが生じるケースや、麻酔が切れて痛みが出てくるケースがあります。その際は痛み止めをお出しします。
  • 根管治療中に根が割れていることが分かった場合は、抜歯を視野に入れるケースがあります。
  • 根管に詰めたセメントは約30分で固まりますので、それまでは飲食を控えてください。多少くぼんでも問題はありません。
  • 固いものを噛むと歯が欠けたり痛みが出る可能性がありますのでご注意ください。また、治療中は固いものを噛まないようにお気をつけください。

治療にはラバーダムを使用します

基本的に、根管の中には細菌がいてはいけません。しかし、唾液の中にはいろいろな細菌が存在しており、根管治療中に患部に唾液が入り込むと唾液感染を起こす恐れがあります。

そこで、唾液が根管の中に侵入しないように、当院ではラバーダムというゴム製のレインコートのようなシートを患部以外の部分に被せています。

ラバーダムで歯を覆ってきちんと防湿することで口唇や粘膜も保護することができ、 安全な治療、短時間での治療が可能になります。

Contact・お問合せ

ご予約・お問合せはこちらからお気軽にどうぞ!・Tel 042-360-4787

お問合せ

アクセス・診療時間 Access / schedule

医療法人若歯会ちゃいるど中野歯科医院
〒183-0023 東京都府中市宮町1-50 くるる3F
TEL 042-360-4787 / FAX 042-361-6267

 
9:30 - 13:00
14:30 - 18:30

【休診日】 祝日および年末年始

GoogleMAPで見る

お問合せ