審美歯科COSMETIC

健康的に輝く歯は
自信にもつながります

銀歯で悩むのは、もう終わりにしませんか?

昔は虫歯を治療したのあとの詰め物・被せ物と言ったら銀歯が一般的でしたが、銀歯は口を開けた時に目立つ上、金属アレルギーをお持ちの方には全身への健康被害の懸念もあり、最適な方法とは言えませんでした。

しかし、最近はセラミックなどの審美性の高い歯科材料が豊富にあり、治療する歯の場所や患者様のご希望に合わせて見栄えの良い補綴物を作製できるようになっています。

当院でも様々な素材をご用意し、高品質な詰め物・被せ物治療を行っています。審美治療を通して、美しい口元と明るい笑顔を患者様にご提供いたします。

当院で取り扱っている審美補綴素材

インレー(詰め物)

インレーとは、虫歯治療でう蝕部分を削った歯に詰める補綴物です。歯が欠けたまま放置していると見た目が悪いだけでなく、噛み合わせが変わったり虫歯が再発しやすくなるデメリットがあります。

オールセラミックインレー

セラミックとは食器などにも使われる陶材のことで、表面に傷がつきにくく、透き通った白さが特徴です。オールセラミックは審美性が非常に高く目立たない素材で、完全メタルフリーのため金属アレルギーを起こす心配もありません。

ハイブリッドセラミックインレー

セラミックとレジンを組み合わせた素材で、レジンの耐久性の低さを補いつつ、オールセラミックよりも費用を抑えた、セラミックとレジンの中間的な性質を持っています。

オールセラミックほどの透明感は出せないものの、本来の歯の色に近い自然な風合いを出すことができます。

e-maxインレー

e-maxとは、ニケイ酸リチウムガラスセラミックを主成分としたセラミックの一種です。通常のセラミックと比べて強度が高く、かつ安価な人気のある審美補綴素材です。

摩耗性は天然歯と近いため対合歯を傷付けにくく、歯と分子レベルで接着し、隙間から虫歯が再発しにくいメリットもあります。

ジルコニアインレー

ジルコニアはセラミックやe-maxよりも強度に優れており、歯ぎしり・食いしばりがある方、噛む力が強い方、奥歯の治療に適しています。上記にご紹介した素材よりは色調に劣るものの、天然歯のような自然な色合いを出すことができます。

クラウン(被せ物)

クラウンもインレーと同様に、虫歯治療後に削った歯(またはコア)に被せて歯を補う補綴物です。インレーのケースよりも深い所まで虫歯が進行し、歯を大きく削った場合にクラウンが適用されます。また、欠損治療の際にもブリッジ式のクラウンを作製することがあります。

ジルコニアオールセラミック

ジルコニアのフレーム(補綴物の裏側)の上にセラミックを焼き付けた被せ物です。ジルコニアは人工ダイヤモンドと呼ばれるほどの強度を誇り、ジルコニアをフレームに採用することで耐久性が大幅に高くなるため、絶対に割れないとは言えませんが、セラミックのみでは難しかった治療も可能になりました。

セラミック&合金

こちらはフレームに合金を採用しております。金属を使用しているため強度はありますが、オールセラミックのような透明感は期待できず、一般的な天然歯の色には近付けることができます。裏面に金属が見える通常タイプと、合金がほとんど見えないようにできるフルカバータイプからお選びいただけます。

CAD/CAM冠

小臼歯にのみ適用する、保険診療の被せ物です。多額の費用をかけずに歯を白くすることができますが、色調が単調なため周囲の歯と色を合わせることが難しく、長期間の使用を通して変色や破折などのトラブルが起こりやすい側面もあります。

多機能CAD/CAMシステム
セレック in Lab を導入しています

当院では、デンタルラボ用多機能CAD/CAMシステム セレック in Lab を導入しています。セレックは世界中で導入実績がある歯科用機器で、「セレック in Lab」はコンピューター制御のもと、さらに高品質な補綴物を院内で短期間で作製できる機械です。

詰め物や被せ物はもちろん、ブリッジやフルマウスの症状まで幅広く対応しており、耐久性に優れたブロック状のセラミックを削り出して、精密で審美性の高い補綴物を完成させます。機械に任せきりにせず、当院では熟練の技工士が「セレック in Lab」の操作や設計、最終調整を担当しております。

材料に使用するセラミックはメタルフリーで金属アレルギーの心配がなく、現在の銀歯を白い歯に替えたい方にもおすすめです。歯とお身体に良いものを使用することで、二次カリエス(虫歯の再発)のリスクも下げることが可能になります。

天然歯も白くしたい方は
ホワイトニングも

ホワイトニングは、毎日の歯磨きや歯科医院で受ける通常のクリーニングでは落としきれない着色汚れを落とし、歯を本来の色以上に白くする方法です。着色の原因にはコーヒーやお茶、タバコによる色素沈着、加齢による歯の黄ばみ、胎児の時期に母親が服用していた薬の影響によるものなどがあります。

ホワイトニングは歯の表面に専用のジェルを塗布して漂白する方法で、歯を削ったり傷つけることはありませんのでご安心ください。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、歯科医院で受けるオフィスホワイトニングと、歯科医師・歯科衛生士の指導の下、患者様ご自身にご自宅で行っていただくホームホワイトニングの2種類があります。
※この2つを組み合わせたデュアルホワイトニングという方法もございます。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科のプロが行うため、高濃度のジェルを使ってすぐに歯を白くすることができます。患者様側の負担がなく、自分でケアするのが面倒だという方や短期間で歯を白くしたい方に向いている方法です。

ホワイトニング1回につき約1時間、全部で3回ほどのホワイトニングで効果を実感することができます。しかし、即効性に対して持続性は低く(平均持続時間:3~6ヶ月)、すぐに色が後戻りしてしまうデメリットがあります。

「ブリリカビアンコ」の光照射器を使用しています

治療手順としてはまずクリーニングでお口の中をきれいにし、薬剤が触れないように歯茎を保護したら、ホワイトニングジェルを塗布して光を照射します。
この光を照射する工程において、当院では東京技研の「ブリリカビアンコ」のLED照射器を使用しています。

広範囲に十分な量の光を出力することができる高性能の照射器で、開口器に直接取り付けるため、患者様が動いても常に同じ位置からバランス良く光を当て続けることが可能です。ホワイトニングの効果を高めることができるブリリカビアンコは非常に軽量で、重くて疲れるといったことが起きにくいのも特徴です。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは時間をかけて少しずつ歯を白くしていく必要があり、効果を実感するのは2週間以上経ってからになりますが、白さを長期間保つことができます(平均持続時間:1~2年)。

薬剤の塗布やマウストレーの装着などを全てご自身で行うので手間がかかる反面、自分のペースで好きな時にホワイトニングができ、忙しくて歯科医院に通えない方や、すぐに白くならなくても良いから徹底的に歯を白くしたいという方に適しています。

最初だけ歯科医院で検査やクリーニングを受け、お口に合った専用のマウストレーを作製後、ご自宅に持って帰っていただいてホワイトニングがスタートします。ホワイトニングジェルを入れたマウストレーを歯に装着することで、徐々に歯が白くなります。ホワイトニング回数や一度に使用するジェルの量、マウストレーの装着時間は、必ず歯科医師の指示を守るようにしてください。

ホワイトニングの注意点

基本的にホワイトニング期間中はなるべく着色しやすい食べ物・飲み物の摂取や喫煙を控えるようにお願いしています。

ホワイトニングによって歯の表面を覆うペリクルと呼ばれる唾液のタンパク質がなくなり、その後12~24時間かけて再生されますが、その間は歯が非常に敏感になっていますので、特に色の濃い食べ物・飲み物や喫煙はお控えください。ホワイトニングジェルの刺激で知覚過敏の症状が出た場合は、治療を一時中断することで改善します。

また、白くできるレベルには個人差があり、いずれの方法も一生白いままでいられるという訳ではありません。後戻りした際には再度ホワイトニングを行えば白さが戻りますので、歯の健康のためにも定期検診を受けることをおすすめします。

Contact・お問合せ

ご予約・お問合せはこちらからお気軽にどうぞ!・Tel 042-360-4787

お問合せ

アクセス・診療時間 Access / schedule

医療法人若歯会ちゃいるど中野歯科医院
〒183-0023 東京都府中市宮町1-50 くるる3F
TEL 042-360-4787 / FAX 042-361-6267

 
9:30 - 13:00
14:30 - 18:30

【休診日】 祝日および年末年始

GoogleMAPで見る

お問合せ