インプラントIMPLANT

失われた歯の機能は、
インプラントで取り戻せます

インプラントとは

インプラントとは欠損治療の一つで、虫歯や事故など何らかの理由で歯を失ってしまったとき、欠損部の顎の骨の中に人工歯根を植立し、その上に人工歯冠を被せて「第二の永久歯」として機能させる治療法です。見た目は天然歯そのもので、まるで本物の歯のように違和感なくしっかりと物を噛むことができるのがインプラントの最大の魅力です。

自費診療となるため費用は高額となりますが、審美性や機能性を重視したい方、長く快適な生活を送りたいと考えている方は、是非インプラントをご検討ください。

入れ歯・ブリッジと比べた時のインプラントの特徴

違和感が少なく審美性が高い

まず、インプラントは審美の観点から最も優れた治療法と言えます。インプラントは構造そのものが天然歯と近く、人工歯根の部分は顎の骨の中に隠れておりますので、外から見た時の違和感がありません。入れ歯やブリッジも自費診療で扱っている材料を選べばある程度見た目の良いものを作れますが、インプラントはより一層自然な美しさを実現します。

他の歯や歯周組織にダメージを与えない

インプラントは歯を失った場所のみを治療してインプラントを埋め込むため、通常のように1本の歯単体で噛む力を支えることになります。一方、入れ歯やブリッジは周囲の歯や歯茎を支えとする治療法です。

総入れ歯の場合は歯茎を支えとするしかなく、部分入れ歯の場合は金属のバネをかける歯に負荷をかけることになります。また、ブリッジ治療を行う場合は土台を作るために健康な両隣の歯を削る必要があり、結果的に歯の寿命を縮めてしまう可能性があります。

インプラント・入れ歯・ブリッジのメリット・デメリット

インプラント 入れ歯 ブリッジ
治療費 自費診療 保険診療
(一部自費診療あり)
保険診療
(一部自費診療あり)
適応症 骨の量が不足していたり、重度の歯周病がある場合は事前の治療が必要 ほとんどの症例に適応可能 支えとなる歯があれば可能
咀嚼力 ほぼ天然歯と同様の噛み心地 半分以下、硬いものを噛みにくい 天然歯に近い
噛み心地
見た目 ほぼ天然歯と同様の
自然な見た目
支えとなる歯にかける金属のバネが目立つ(保険の部分入れ歯の場合) 違和感は少なめ(自費診療の場合はなお)
外科手術 必要 不要 不要
周囲の
組織への
影響
なし バネをかける歯へのダメージがある(保険の部分入れ歯の場合) 両隣の健康な歯を削る必要があり、歯を傷付けてしまう
耐久性 メンテナンスをきちんと受ければ10年、20年と長持ち およそ5年前後 およそ
7、8年程度

立川病院の木津英樹Drと
連携した治療をご提供します

インプラント治療には精密な診査・診断や正確な外科手術の能力が求められるため、高い専門知識・技術や豊富な臨床実績を持った歯科医師が在籍している歯科医院で受けるべきだと考えています。

当院のインプラント治療は、立川病院で歯科口腔外科部長も務める、日本口腔外科学会専門医および日本インプラント学会認定医である木津英樹Drにご担当いただいています。安心・安全なインプラント埋入処置はもちろん、顎の骨が足りない場合の骨増生処置など、症状に応じた治療をご提供することが可能です。

木津Drのプロフィール

所属団体・学会

所属団体・学会 日本口腔外科学会 専門医
立川共済病院歯科口腔外科 医長
慶応義塾大学医学部歯科口腔外科 客員講師

ご経歴

1989年 東京歯科大学 卒業
慶応義塾大学医学部歯科口腔外科 勤務
1991年 都立駒込病院口腔外科 勤務
1993年 慶応義塾大学医学部歯科口腔外科 勤務
1995年 立川共済病院歯科口腔外科 勤務(~現在)

診療システム(治療の流れ)

  • 専門医による処置
  • 担当医による処置
  • 衛生士による処置
オペ前
模型の型取り・レントゲン写真撮影
1次診断
インプラント専門医による診断
抜歯後3ヵ月経過観察する場合がございます。
CT撮影
CT撮影をしていただきます。
2次診断
インプラント専門医による診断
CT撮影を元に、専門医により2次診断いたします。
1次オペ
インプラント体の埋入
30分くらいですが、埋入する本数によって、前後することがございます。
1次オペ後
(1~3日)
消毒
抜糸までの間で1~2回消毒に来院していただきます。傷口の治り具合によって消毒に来ていただく回数が異なることがございます。
1次オペ後
(7~10日)
抜糸
傷口の状態により、回数が異なります。
1次オペ後
(3~5ヵ月)
経過観察期間
1次オペ後、歯が入るまで3~5ヵ月お時間がかかります。
2次オペ
(約2週間)
頭出し処置
歯肉に穴をあけ、歯肉の形を整えるパーツを入れて2週間程おきます。
上部構造型取り
上部構造型取り
2次オペ後に上部構造(セラミックなどの被せ物)の型取りをします。
上部構造装着
上部構造装着
セラミックなどの歯が入ります。1~2週間お使いいただきながらかみ合わせを調整します。
メンテナンス期間
定期検診
口腔内チェック・クリーニング
お手入れの仕方をご案内し、6ヵ月に1度口腔内チェック・クリーニングいたします。

※オペ後の経過は、個人差がございますので、ご了承ください。

術前検査・診断

お口の模型を作るために歯型採り・レントゲン撮影・CT撮影を行います。CT撮影では顎の骨を含めた患者様の口腔内を立体的に把握することができ、精密な治療計画を立てることができます。

PC上で治療のシミュレーションを繰り返し、インプラントを埋入する位置や角度を計算します。

一次オペ(インプラントの埋入)

STEP.01で作成した治療計画のもと、顎の骨にインプラントを埋め込みます。高度な医療機器を用いた検査を実施することで、術中のトラブルなどのリスクを最小限にとどめ、短時間でスムーズに処置を終えられます。

抜糸・治癒期間

一次オペで切開した歯茎を縫合し、傷口の状態を診ながら消毒と抜糸を行います。その後はインプラントと骨が結合するまで経過観察の期間を3~5ヶ月ほど設け、安定したら二次オペに移行します。

二次オペ(アバットメントの装着)

再度歯肉を切開し、インプラントと上部構造を連結するためのアバットメントを装着します。オペ後は数週間ほど時間を置き、その間に上部構造(セラミックなどの被せ物)の型取り・作製を行います。

上部構造の装着

念願の歯が入ります。装着後の数週間は使用感をお試しいただき、必要に応じて噛み合わせを調整します。

メンテナンス

インプラントは治療後のお手入れも重要です。メンテナンスではブラッシング指導や定期的な口腔内チェック・クリーニングで、長くインプラントをお使いいただけるようにサポートします。

Contact・お問合せ

ご予約・お問合せはこちらからお気軽にどうぞ!・Tel 042-360-4787

お問合せ

アクセス・診療時間 Access / schedule

医療法人若歯会ちゃいるど中野歯科医院
〒183-0023 東京都府中市宮町1-50 くるる3F
TEL 042-360-4787 / FAX 042-361-6267

 
9:30 - 13:00
14:30 - 18:30

【休診日】 祝日および年末年始

GoogleMAPで見る

お問合せ